So-net無料ブログ作成
麺レポート ブログトップ
前の10件 | -

佐野で手打ち麺?! [麺レポート]

 8/11、暑い。実に暑い。なぜかというと、朝から佐野来ているから。じゃあ、なぜ佐野に来たの?と言われると、取引先の「ホテルサンバレー」の中華部門の料理長である黒田料理長から、
「青竹打ちのラーメン作りたいから佐野に行くから専務も行きましょう[わーい(嬉しい顔)]
とお誘いを頂いたので。青竹の麺打ちのやり方を教えてもらう機会なんて早々ないので、
「行きます[パンチ]と。 伸ばす麺のかたまりはあらかじめ四代目が作って持っていくことに。

 東北自動車道から北関東道と高速を乗り継ぎ、やってきました佐野へ。そこから走ること十数分、今回教えていただけるお店「針谷ラーメン」へ。
 今回は四代目も手打ち麺に初挑戦(生地しか作ってないんですが[がく~(落胆した顔)])のためいつもと勝手が違うため、今回の師匠の針谷さんの判断を仰ぐことに。

「ちょっと生地が硬いかな。」

 今回は2種類生地を作っていったのですが両方とも固かったようです。そのうちの片方通称「黒田スペシャル」の麺を作った生地でやることに。

 最初生地を厚紙の間に挟み、全体重をかけて伸ばします(写真撮り忘れました)。その後例の青竹ふみの工程に移行します。
師匠.JPG
最初師匠がある程度形になる所まで伸ばしてくれました。

のし.JPG
次に黒田料理長が。この作業思っているよりもかなりの重労働で2往復もすると汗だくに。師匠も「夏はタオルと水分が必ず必要」と笑いながら行ってました。

麺切り.JPG
のしが終わったら切る作業へ。 

手もみ.JPG
麺を取り分ける時に手もみをかけます。針谷ラーメンさんは佐野ラーメンの中でも固めのためしっかりもみをかけるそうです。

完成.JPG
完成。この後師匠が茹でてくれる事に。師匠のいつも使っている麺と今回の特性麺を食べ比べることに。

 結果は今回の特注麺は小麦の味が強いため師匠の所のスープとは合わず、やはり師匠の所の麺の方が美味しくいただけました。逆に今回の特注麺は他の濃い味のスープに合いそうです。
 一通り試食をし、師匠にお礼を言い帰路に着いたのでした。勉強になる一日でした。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

お昼を食べよう「遊山」で! [麺レポート]

 最近暑い日が続く中、いかがお過ごしでしょうか?那須の方も例外なく暑くなってきてます(東京ほどではないですが)。そういうときに食べたくなるのが冷し中華。そんじゃ、食べに行くかとお客さんの「遊山」さんへ。

 研究熱心な社長さん率いる中華料理屋さんでいつも面白いメニューを提供してくれます。なぜ今回は「遊山」さんに来たかというと、前は使っていなかった特性冷し中華麺を納品しているのを朝冷蔵庫で発見してしまったので。それではどんな感じに調理されてるのか見たいなと思いたった次第で。

 お店に行き皆さんに挨拶。社長と談笑しながら料理を待ちます。

最初に餃子。
遊山餃子web.JPG
特性付けダレの着いた餃子。パリッとした皮とジューシーな具、そして特性付けダレが三位一体となり美味しいです。

次に冷し中華。
遊山冷し中華web.JPG
海老とたっぷりの野菜が入った冷し中華。実に具沢山。極端に酸味のないさっぱりとした醤油スープに、ほぐれの良い特注冷やし麺がマッチし実に美味しい。ふんだんい盛られた具も食べ応えがありながらも野菜中心なので実にヘルシー。

デザートがマンゴープリン。
マンゴープリンweb.JPG
う~ん、しあわせ[わーい(嬉しい顔)]

 暑いお昼にはもってこいのメニューでした。皆さんもぜひ食べに行ってみてね。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

足利 麺や松さんへ!! [麺レポート]

 昨日は、久しぶりに足利の「麺や松」さんへご挨拶に。
 昨年の年末に笠原産業と足利B級グルメ大会とコラボレーションをさせていただいて以来、当社の「麺や松・特注国産麺」を気に入り、使ってくれているのでした。

 年始の挨拶にずっと行きたかったのですが、四代目が無駄に足を怪我して動けず、2月になりやっと足利へ。情けない前置きはこれくらいし、一言
「うまい[exclamation×2]麺とスープがマッチしてる。」
麺や松.jpg

 普通は食べる前に写真撮るだろうとみんな思うかもしれませんがすいません、食べちゃいました。しかもスープまで。だってしょうがないじゃん。美味そうで我慢できなかったんだから。
 スープはより洗練され、無駄な甘味や雑味が消えた感じ、すっきりシャープに。しかしコクは消えてません。麺に割いていた時間でチャーシュー、メンマ、たまご等もグレードアップ。
 昨年の10月頃に食べたときより格段に味がアップしていました。その結果が空のどんぶりです。
 そして麺や松の隠し玉「プリン」これがまた美味いのなんのって。食後にぜひどうぞ。

 4月位からは新しいつけ麺始める予定だそうです。そちらもぜひ期待していて下さいとのこと。待ちどおしいね。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

麺や松 × 四代目 in 足利栗田美術館!! [麺レポート]

麺や松 × 四代目のコラボ第2段。足利の栗田美術館で行われた足利グルメグランプリに行ってきました。四代目が行った日は3日目の大雨の日[がく~(落胆した顔)] それにもかかわらず皆さん元気にやっておられました。

CIMG0331.JPG

 イベントというと奇をてらっただけのラーメンが多い中、松さんは今回もシンプルなラーメーンに徹し美味しいラーメンを提供してくれました。今回も前回に続き完売という結果に万々歳。

 もし次回コラボする機会があったら今度はみんながびっくりするようなのやっちゃいますか[爆弾]
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

東京ラーメンショー2010!! [麺レポート]

 11月4日の木曜日。快晴の空の下行ってきました東京ラーメンショー2010[パンチ]

 今回も当然のごとく一人ではいけないので、日本コロイドの加藤さんに連れられ、会場へ。途中、池田常務と正田醤油の松浦君と合流、四人でラーメンに挑みます[手(チョキ)]

ラーメンショー1.jpg

ラーメンショー2.jpg

ラーメンショー3.jpg

 しかし、今回は27の出店といことで敵が多い[がく~(落胆した顔)]そのため四人で食べるラーメンを物色します。
 四代目は迷うことなくTETSU×Keisuke REVOLUTIONへ。個人的にけいすけさんの作るラーメンには期待してるので。つけ麺博とラーメン産業展の時はイマイチ四代目の好みではなかったので今回はどうでしょう?

伊勢海老煮干そば.jpg伊勢海老煮干そば

 今回のラーメンは「四代目的には最高[グッド(上向き矢印)][グッド(上向き矢印)]
 あっさりの醤油スープにほのかにえびと煮干の甘味が。魚介の甘味だけを上手く取り出したいい感じです。えぐ味も臭みも感じません。シンプルながら毎日食べたくなる味です。

 もう1つ面白かったのが
場場麺.jpg場場麺

 一見麺だけなのですがその下にスープと具がという展開[exclamation×2]企画としては面白いのですがちょっと食べずらい。上からかければもっと麺と絡んで美味しいのに。

 その他イロイロ食べましたがちょっと四代目の好きな感じのではなかったです。濃い味が苦手なので。
 初参戦でオペレーションがなれていない店も多く、池田常務は底面に油がべっとり付いたどんぶりを持ちながら涙目になっておりました[ふらふら]
 今回のラーメンを食べた感じでは、濃いハッキリとした味わいのラーメンが多かったように感じます。

 会場で「カラスさん」に遭遇。イロイロと裏話も聞かせてもらいました。
カラス&Me.jpg

楽しい1日でした[わーい(嬉しい顔)]


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

暑いときのつけ麺!! [麺レポート]

 暑い時ってラーメン食べたいけど汗かきたくないってときないですか?そうゆう時につけ麺って良いよね。でも、四代目は濃い味の食べ物が苦手なもんで、最近の豚骨魚介系のつけ麺はちょっと辛い[バッド(下向き矢印)]嫌いではないんですけど食べてると口内炎になっちゃうのです[もうやだ~(悲しい顔)]

 でも、そんな四代目に最高のつけ麺が[ひらめき]当社の納品先である
いなりやさんのゆずつけ麺[exclamation×2]

柚子つけ麺.jpg

 いやー最高[exclamation×2]さっぱりしていて食べやすい。普通のつけ麺は濃厚な味付けで食べさせるという感じなんですが、いなりやさんのつけ麺は柚子の酸味で食べさせている感じ。さっぱり塩ラーメンスープに柚子が入っている感じなんですが、その柚子が渋みなどの雑味がなく柚子の美味しい所を抽出した感じなんです。
 そこに当社の多加水平打麺がマッチし、ナイスなハーモニー[ハートたち(複数ハート)]

 唯一の弱点は夏季限定なこと[がく~(落胆した顔)]
この美味しいつけ麺1年中食べさせて下さい~[わーい(嬉しい顔)]
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

カップラーメン美味しかった!! [麺レポート]

 当社では、スーパー・百貨店用にも商品を作っているので、自社オリジナルスープを作っています。その開発時に、こういう味が良かったなとか考える上で欠かせないのが

「カップラーメン[むかっ(怒り)]

結構参考になるんです。カップラーメン。東京の有名店にも行くんですがそれと同じくらい参考になる。
 ただ、あんまり好みのものがないのも事実。10~20個位食べて1個位あれば良いかなという感じ。特に最近は濃い味の製品が多くて、濃い味のものが苦手な四代目はちょっと辛いのです(あくまでも個人的嗜好の問題ね[がく~(落胆した顔)])。特に今年は辛いものと濃い味の物が多く、なかなか好きなものが見つかりません。

 その中で最近良かったものは次の2つ[グッド(上向き矢印)][グッド(上向き矢印)]

100807_1213~01.jpg

 これはかなりさっぱり塩ラーメンなんですが、魚介の風味が良く効いていて、なおかついやみではない感じのバランス。麺もスープを良く絡める細麺タイプで四代目好み。今年食べた中ではダントツに好きな感じ。

そしてもう1つは
100730_1649~01.jpg

外見で惑わされてはいけません。シーフードラーメンにえびの風味を足した感じ。他は意外と普通なんですが、案外そういうものが美味しいんです。ただAKB48ファンがすぐ買ってしまったため、すぐ見かけなくなってしまった。

 そんな四代目がいまだに大好きなのは「焼そば弁当」。関東の人にはあまりメジャーではないんですが、北海道で売っているカップ焼そば。焼そばを戻したお湯で付属のスープを作る懐かしい感じで、学生の当時よく食ったもんです。
 この前セブンイレブンに売ってるのを偶然発見[グッド(上向き矢印)][グッド(上向き矢印)]即買いし久しぶりに堪能させていただきました。

「誰か美味しいカップラーメンあったら教えて下さい」

共通テーマ:グルメ・料理

久々のラーメン! [麺レポート]

 暑い日が続く今日この頃。みなさんラーメン食べてますか?
 6~7月はどうも熱いラーメンから足が遠のくらしく、冷しメニューのが売れてるみたいです。でも、なぜか8月になってくると、また熱いラーメンが好調になってきます。四代目も久々にラーメンを食べるべく、当社で麺を納品している、「げんこつラーメン」へ。
 最近は、いろいろと忙しかったためお客さんの所へ行く機会が減っていたのですが、久々に行った「げんこつらーめん」の親父さんは相変わらず陽気に向かいいれてくれました。

「ねぎラーメン下さい。」

「今日は、ねぎチャーシューじゃないの?」

「メタボリック気味なんで[バッド(下向き矢印)]

と悲しい会話もあり[がく~(落胆した顔)]、今日はねぎラーメンを。

100806_1148~01.jpg

 写真を見てもらえば分かるとおり、薄味さっぱりしょうゆ味です。でもダシがしっかりきいていて、旨みたっぷりのスープです。麺は熟成を多めにとった多加水細麺。実に愛称バッチリです。ねぎには親父さん特性のラー油がかかっていて、味にアクセント加えます。チャーシューも肉の味を生かした薄味です。
 しかし、濃いめの味のラーメンや、とんこつラーメンが好きな方は行かない方がいいと思います。親父さんも自分で言ってました。
 でもさっぱり味が好きという方、那須塩原市に来たら是非ご賞味を。

共通テーマ:グルメ・料理

四代目 旅に出る(大阪編その2)! [麺レポート]

 いよいよ旅も最終日。朝から天気がいいぜ。ホテルをチェックアウトし、梅田駅地下喫茶店にてモーニングを食べる。味は普通だが、暑いのでアイスコーヒーが美味い[わーい(嬉しい顔)]途中で常務に電話がかかってきて席を立つ。チャンス到来、いたずらタイム[むかっ(怒り)]とばかりに、常務の水にガムシロップを大量投入[爆弾]常務が水を飲むのを待つ。しかしなかなか飲まない[バッド(下向き矢印)]もうだめかと思った最後の瞬間、ついに飲みました。うーん、変な顔。

「これ、水が甘いんですけど。」もちろん爆笑[爆弾]常務、馬鹿な四代目を許して。

 地下鉄を乗り継いで「大阪ラーメン・うどん産業展会場」へ。もちろん四代目は乗り継ぎ方を覚えてないので、常務の操り人形のようについていきます。
 会場について手続きをし、中に突入[パンチ]すぐさま日清製粉の長井さんに会う。今日もこの会場にて製麺の講習だそうです。時間ができたらまたゆっくりお話しして下さい。
 今回の特徴は、「ついに、関西にも極太付麺の波が来たな。」といった感じ。知り合いの「大成食品」の荻原さんがいて、「どうですか?」って聞いたら、去年は「これだったらうどんでいい」って言われたのが、今回は大分問い合わせがあると言っていました。
 四国の粉屋さんのブースで話を聞いていると、どうやら讃岐うどんにも流行みたなものがあるらしいということがわかってきた。やはり今の特徴は「もちもち、つるつる」らしい。こうゆうことはやはり現地の人に聞くのが一番だね[手(チョキ)]
 そして産業展名物。カツオ節屋のおねいちゃん。毎回コスプレまがいの衣装で入場者引き付ける。なんと今回は、

「メイド喫茶風」ですよ。 

あのカラスさんをして、「あそこのパンフいっぱいもらった。必要ないのに。」と言わしめた無敵のコスプレ部隊。横浜でも楽しみしてます。

 総括してみると、多少の情報収集があったものの、全体的には大した変化はなかったかなという所。試食もしたけど大したものは特になかった感じです。でも満腹感強し。
 会場を後にし、梅田駅に戻る。目的はうどん屋「ちとせ」に行くためである。ここも寺門ジモンお勧めのお店。しかし、「ちとせ」ではうどんは食べない。肉うどんからうどんをぬいた「肉すい」、そして「卵かけご飯」を頼む。これが四代目の定番。ここの汁と卵かけご飯の絶妙なコラボ。たまりません。
 でも、今年はいけません[もうやだ~(悲しい顔)]試食で腹がいっぱいなんだもん。
 仕方ないのでいつも見学に行くスーパーたまでに行くことに。なぜこの店に行くのか?ここは大阪の超激安店で、ありえない値段でものを売ってるから。今年もやってくれました。相変わらずすごい値段です。思わず常務に「ここで仕入れて帰る?」って言っちゃいました[爆弾]
 ご飯の時間が空いたのでぶらぶら徒歩で歩く。2人の辞書にタクシーに乗るという選択肢はありません。基本徒歩。おなかをすかせるという意味もあるんですけど。

PA0_0005.JPG

 しかし、やることがなくなったため、占いに行くことに。

「なんか今年いまいちなんですけど!」

「菊地さん(四代目のことね)今占いに来る人って、いまいちとかのレベルじゃなくて、リストラされたとか、病気で大変だとかもっと深刻ですよ。」

「そうなんだ。」

「でも、菊地さん今年はいまいちな年ですね。努力が報われない感じです。」

「やっぱり[がく~(落胆した顔)]

てな感じでいわれました[バッド(下向き矢印)][バッド(下向き矢印)]まあ、今年は気合でやり過ごします[パンチ]
 関西ではテレビに出てるちょっと有名な人らしいので信用して、来年以降もっとがんばる決意を固める四代目。

 新大阪駅に戻り、いっぱい引っ掛け新幹線に乗り込む。乗るときに同じ新幹線に乗る女優の中村玉緒さん発見。おお、テレビで見たまんまだ。四代目がグースカ寝ているうちに、常務は喫煙ルームにて玉緒さんと話したらしい。でも、微妙にうらやましくないのはなぜ?これが綾瀬はるかだったら、きっと四代目も今日からヘビースモーカーになったのであろう。
 そうこうしているうちに東京駅に着き、常務とお別れ。「ご苦労様でした。来年もよろしくお願いします。」クレイジーな四代目のお守り3日間ご苦労様でした。
 最後に叙久園焼肉弁当(2100円、がんばった自分へのご褒美なり)を買って、帰路につくのでした。

共通テーマ:グルメ・料理

四代目 旅に出る(大阪編その1)! [麺レポート]

 午後1時、高松駅にて電車に乗る。「さあ、うどんの国から大阪へ。」無駄に意気揚々になる四代目。適当なことをしゃべりだす四代目に対し、なぜか冷静な常務。「うーん常務はいつもクールだぜ。」
 行きの時は見えなかった電車からの風景も良く見え、テンションが上がりだす四代目。写真を撮る。ドラマだとここで事件が起こる頃なのだが、さすがに現実では起こりません。どざえもん発見にいたらず!
 そうしているうちにやさぐれた心も元に戻りだし、高松に謝りはじめる四代目。「うどんの国なんて言ってごめんなさい。」

PA0_0008.JPG

PA0_0009.JPG

 新幹線に乗り換え爆睡してる間に着いちゃいました新大阪。「帰ってきたぜ、一年ぶり[パンチ]と無駄にテンションをが最高潮になる。
 なれたふりをし、華麗に地下鉄に乗ろうとするが、切符の買い方も覚えていない四代目。駅員さんの丁寧な説明に「ありがとう[わーい(嬉しい顔)]」と笑顔でお礼。しかし、「田舎ものめ」と思われているのかと疑心暗鬼になる。
 そうこうしているうちに梅田に到着。今年のホテルは値段は高くないのに超良い所。常務ありがとう。荷物を置きしばし休憩した後に繁華街へ繰り出します。時間はまだ夕方五時。常務の地獄の合宿計画の辛い部分は午前中で終了し、ここからはほとんどフリータイム[グッド(上向き矢印)]歩いてる女の子もかわいいぜ[exclamation×2][グッド(上向き矢印)]
 いつも歩く道を歩きながらアメリカ村へ。毎年必ず食べに行く串揚げ屋「うえしま」へ食事の予約へ。

「すいません、7時から2人いいですか?」

「今日予約でいっぱいだからその時間は難しいかな。」

「何時でも食べに来ますから電話ください。」

「わかりました。」

 そう言い残し、アメリカ村の散策開始。いつ来ても原色の町だね。目がチカチカします[爆弾]この時期は暑いため、毎年ここで服を買いに。
 物色しつつ歩いていると常務が急に「ここのパンツ良いんだよな。買おう。」いきなり言い出す。常務なぜにして大阪でパンツを[exclamation×2]狂った四代目と長い時間いて壊れてしまったのか?と思いつつ店内へ。
 ふざけたことを言い合いながらパンツを物色。「待てよ。俺たちあっち系の人と思われてないか?」と思いだし、「常務、店員さんに俺たちはあっち系の人じゃないよって言っておいて。」と一応伝言する。
 四代目は、いつも通販で買っているお店へ。ちょっぴりヤンキーテイスト漂うポロシャツとシャツを買う。大阪の店員さんは面白い[わーい(嬉しい顔)]くだらないことをしゃべりつつ買い物をしていると、「うえしま」から常務の携帯に電話が。

「もう空いたって。」

「おい、まだ6時半だぞ。今食ってたやつは早寝、早食い、早ぐそなのか。」

と言いつつも早めに買い物を終了し、「うえしま」にGO[どんっ(衝撃)]

 到着しました。「うえしま」に。すごく美味いんです。ここの串揚げ。常務が立てる旅の予定は、まず「うえしま」がやっているかどうかが最重要問題とされるほどです。
 三年前から通うこの店。そもそもなぜ来るようになったかとゆうと、四代目がCSで見ているダチョリブレというダチョウ倶楽部の番組で、寺門ジモンが紹介していたのでした。そのほかにも何件か紹介していたのですが、俺たちで食べ確認した所、「寺門ジモンにハズレなし。」という結論に至りました。
 「うえしま」の親父さん(当然上島さん)は60歳過ぎてるんだけど、これがまた斬新な串揚げを作るんだよ[どんっ(衝撃)]たぶん他所では絶対食えないね。まさにオリジナル。価格も高いんだけどそれを納得させるクオリティーがあるんだよね。
 3年前に行った時に初めて食べてすげー感動して、俺は高くて美味しいラーメン(うちのがんこラーメンシリーズね[手(チョキ)])を開発しようって思わせてくれたお店なんです。
 次の年行った時に「高くて美味しいラーメン(くどいようだけどうちのがんこラーメンシリーズ)作ったらすごく売れたよ。親父さんのおかげです。」って親父さんに言ったらすげー喜んでた。だから顔は忘れちゃうんだけど、話すとすぐ思い出してくれます。

 もう俺にとっての大阪=「うえしま」といっても過言ではありません。

 それに「うえしま」にはもう1つグレートなところがある。働いてる女の子が「すげー綺麗[exclamation×2]これはもうグレートというしかない。去年までいた娘は木村カエラ似のかわいい感じの娘で、今年の娘は歌手の杏子をもっと綺麗にした感じ。親父さんの目は本当にすごいです。
 今年も腹いっぱい食べ、親父さんとも話し満足して店を出る。アルコールが入って(四代目はほとんど飲めないのに)気分が良くなり、適当な服屋に入りまた服を物色する。
 店のにーちゃんに「白いシャツどうですか?」と言われたので「それだとカレーうどん食えないね。」とぼけてみる。にーちゃん爆笑[わーい(嬉しい顔)]ベタなボケでもいけるらしい[パンチ]テンションが上がったのでその白いシャツを買う。
 こうして歩いていたら四代目も常務も疲れが回りだし、今年はそのままホテルに帰る。

 あれ?麺の話なにもないんですけど[exclamation×2]

共通テーマ:グルメ・料理
前の10件 | - 麺レポート ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。